サイドメニューに「オールスター」を追加しました(8/12)

【★7日向翔陽】の使い道

日向翔陽

2020年1月に開催された『ハイキュー!!』コラボガチャで『ハイキュー!! 』シリーズとして登場しました。

登場と同時に★7へんしんが解放されました。

リーダースキル

味方全体の攻撃力を3.5倍、体力を3倍にし、クエスト出発時1回のみフィールド上の色ぷよをランダムで3個チャンスぷよに変える

工藤新一(味方全体の攻撃力3.4倍、体力2.6倍)の強化版で、チャンスぷよの生成数は同じですが、ステータスにかかる倍率が少し高く設定されています。

蒸気都市のアミティをサポーターにすることでフィールド上とネクストぷよの両方にチャンスぷよを生成し、複数のターンにわたってチャンスぷよを消せる可能性が高まるので、スキルためが一層はかどります。

  • 専用ボイスが聴けるよ♪

リーダーにすることでスキル発動時以外でも専用のボイスが聴けるので、『ハイキュー!!』ファンやキャラクターに愛着のある方は迷わずリーダーとして運用しましょう!

スキル

発動条件:あかぷよを35個消す


相手単体にフィールド上のあかぷよの数×このカードの「こうげき」×9の属性攻撃を与え、フィールドをリセットする その後色ぷよをランダムで6個プリズムボールに変える

つきよのウィッチの「×10」より少し低いスキル倍率となっており、ダメージを与える対象が「単体」であることやフィールドリセット後に生成されるプリズムボールの数が2個少ない代わりに、スキル発動ぷよ数が5個少なくなっています。

以下のアラレちゃん&ガッちゃんつきよのウィッチの記事でも書いていますが、星の魔術師シリーズの「ぷよぬりかえ」スキルと組み合わせれば大勇者ラグナスを超える威力となります。

しかし、「ぷよぬりかえ」には操作に多少の時間がかかってしまうというデメリットがあり、せっかくスキルを早く発動できてもダメージを与えるのに時間や手間がかかってしまうのが悩みどころです。

プリズムボール生成役としてみると、うすやみのDGアルルネロの劣化版となってしまいますが、フィールドリセットを兼ねていると考えればそれほど悲観するような性能ではありません。

時間のかかる「ぷよぬりかえ」スキルと組み合わせるよりは、プリズムボール生成を利用して春風どれみなどのスキル発動数の少ないスキル砲の威力を高めた方が、スキルの特性を活かすことができるかもしれません。

[affi id=2]

使い方

早撃ち(一撃スキル+全消しスキル)

赤属性の攻撃力と体力3倍、赤属性のみの攻撃で与えるダメージ1.4倍 赤属性の初回のスキル発動ぷよ数を4減らす

ガールズ

リーダー

サポーター

赤属性の攻撃力を4.2倍、体力3.5倍、クエスト開始時から1ターン、ネクストぷよをすべて赤にする
カードスキル効果
リダあつきヘドネクスト変換+チャンスぷよ生成
サブ日向翔陽一撃スキル+プリズムボール生成
サブ春風どれみプリズムボール生成+全消し
サブミノア怒り
サブももいろのりんごエンハンス
サポくろいキキーモラランダム攻撃+回復

スキルレベルを最大にすれば、あつきヘドのリーダースキル効果と相まってぷよ消し26個くろいキキーモラを除いたカードのスキルを発動することができます。

日向翔陽のスキルでフィールドリセットをした後に全消しスキルを使うので、フィールド上に「おじゃまぷよ」などがあったとしても安定してダメージを与えることができます。

魔界王子シリーズハロウィン重装兵シリーズ程の早撃ちはできませんが、プリズムボール生成や「怒り」に加え、チャンスぷよ生成を伴うネクスト変換スキルと合わせて使うことができるため、大きなダメージアップが見込めます。

日向翔陽をリーダーにして『ぷよフェス』カードであるあつきヘドの代わりにミヤビパワプロくんをスタメンに入れることで編成難度を下げることができます。

[affi id=2]

ステータス

シリーズ『ハイキュー!!』シリーズ
入手方法『ハイキュー!!』コラボガチャ
へんしんワイルドさん(40)
タイプこうげき
属性
名前日向翔陽
たいりょく5635
こうげき3600
かいふく245
コンビネ
ーション
ボーイズ ハイキュー!!

まとめ

スキルの威力は盤面にもよりますが、ザラの「ぷよぬりかえ」スキルと状態異常「麻痺」を合わせて使えば、「怯え」と合わせたあかつきのドラウド3世のスキルの威力に迫ることができます。

ただ、「ぷよぬりかえ」には手間や時間が要する上にスタメン枠も1つ割く必要があるので、単純に高ダメージを狙うならあかつきのドラウド3世あかきウィッチを使用した方が良いでしょう。

赤属性には春風どれみといったスキル発動数の少ない全消しスキルを放てるカードがあるので、日向翔陽のスキルはダメージソースとしてではなく、早い段階で生成できるプリズムボールを活かして全消しスキルの強化に利用した方が大きな活躍が期待できそうです。