★7龍人の演舞シリーズ

TYPETRANSFORMHOW TO GET
こうげき50ガチャ
NAMECOMBINATIONS
龍人の演舞ホウジョウボーイズ ヒゲ 剣士 つの あっちっち
龍人の演舞エイシュウボーイズ ヒゲ 剣士 つの
龍人の演舞ホウライボーイズ つの
龍人の演舞タイヨボーイズ トラベラー ヒゲ つの
龍人の演舞インキョウボーイズ 剣士 つの

2019年10月の「ぷよフェス」で龍人の演舞エイシュウが初めて登場し、同時に★7へんしんが解放されました。

真理の賢者シリーズのように、龍人シリーズの全属性が「ぷよフェス」として登場しています。

リーダースキル

こうげきタイプの攻撃力を4.5倍、体力を3.5倍にし、相手が有利属性カードの場合、このカードの与えるダメージを2倍にする

相手が有利属性のときに限りますが、自身のみ攻撃倍率9倍相当のダメージを与えることができます。

龍人の演舞シリーズは攻撃ステータスが非常に高く設定されているので、自身のみのダメージアップではありますが、デッキ全体に換算しても1.2倍以上のダメージアップが見込めます。

攻撃タイプにしか倍率がかからないのが難点ですが、感覚の魔術師シリーズの登場でスタメン全員を攻撃タイプでそろえることが可能になりました。

スキル

【発動条件:自属性ぷよを40個消す】
2ターンの間、2属性以上の同時攻撃でこうげきタイプの攻撃力を5倍にする

まばゆいヤナと同様に2ターン継続する5倍の条件付きエンハンスで、「2属性以上の同時攻撃」という手軽な条件である代わりに、対象が「攻撃タイプ」に限定されます。

スタメンを攻撃タイプでそろえることができれば、蒸気都市の初代ぷよよりも大きなダメージが期待できます。

使い方

スキル砲の場合

あっちっち

リーダー

サポーター

赤属性カードの攻撃力を4倍、体力を3.5倍にし、 3属性以下の攻撃で攻撃力をさらに1.3倍にする クエスト開始時1回のみネクストぷよをランダムで 5個チャンスぷよに変える

スタメン全員を攻撃タイプで統一しているので、龍人の演舞ホウジョウの性能を最大限に引き出すことができます。

「盾破壊」にキャロを編成する必要があるため、ダメージカット後の倍率は3.2倍でマジカルウォールシリーズ(3.5倍)に劣ってしまいますが、龍人の演舞ホウジョウの与えるダメージが2倍になることや、蒸気都市の初代ぷよを超える条件付きエンハンスをかけることができます。

他属性のスキル砲について

青属性(スキル倍率:106.8倍)

アルル&カーバンクルティータイムのまぐろの組み合わせが強力&編成しやすく、あかきウィッチ2枚(88.4倍)を超えるスキル倍率が期待できます。


緑属性(スキル倍率:74.2倍)

はりきるドラコクラリスが攻撃タイプなので編成することができますが、他の属性に比べて威力が低くなります。


紫属性(スキル倍率:114.6倍)

セーラーマーズいさましいフレッドも攻撃タイプですが、ラフィソル2枚編成が最強です(ちょっと編成難度が高いですが…)

通常攻撃の場合

「童話スキル」や「ワイルド」を使って通常攻撃を強化する場合、スタメン全員を攻撃タイプでそろえることは困難で、リーダーとしての運用には向いていません。

サブとしてなら👇以下のような「連続攻撃化(自身のみ)」のスキルを使えるカードを編成すれば、攻撃タイプでそろえなくても十分な威力が期待できます。

まとめ

蒸気都市の初代ぷよが編成できなくなるのでスキル加速に多少の不安は残るものの、上手に使えば与えるダメージ量はかなりのものが期待できるのではないでしょうか。

感覚の魔術師シリーズを所持しているなら、「スキル攻撃」は青属性、「通常攻撃」は青属性以外で組むのが現状ではベストだと思います。