★7坂田銀時

TYPETRANSFORMCATEGORY
こうげき50銀魂
COMBINATIONS
ボーイズ 剣士 銀魂

2021年1月の『銀魂』コラボで登場し、同時に★7へんしんが解放されました。

リーダースキル

味方全体の攻撃力を4倍、体力を3.2倍にし、味方1体以上の体力が30%以下の場合、味方全体の攻撃力をさらに1.3倍にする クエスト出発時味方の初回スキル発動ぷよ数を5減らし、体力が0になっても1回のみ「体力1」で踏みとどまる

追加効果はフルパワーカードに匹敵し、スキル発動ぷよ数減少に加えて「タフネス」も兼ね備えた強力なリーダースキルとなります。

体力倍率は少し控えめですが最大攻撃倍率5.2倍と高く、相手の攻撃が強力であるほど条件(体力30%以下のカードが含まれる)を満たしやすくなります。

火力・スキル加速・耐久性の三拍子そろった優秀なリーダースキルとなっており、リーダーとして様々な場面で活躍が期待できるでしょう。

スキル

【発動条件:あおぷよを40個消す】
フィールド上の色ぷよをランダムで5個チャンスぷよに変え、3ターンの間、一度に消せるぷよ数を8個増やす(同時消し係数を6倍に)

たゆたうルファスの強化版で、チャンスぷよ生成数となぞり消し増加数が1つ増えています。

青属性の中では同時消し係数は最大となっており、火力重視であれば優先して編成したいところです。

対抗馬の存在

青属性の「童話スキル」には「ターンプラス」が便利なフィンレイが既に存在しますが、坂田銀時もリーダーとして使えば「タフネス」の恩恵を受けられるメリットがあります。

「ターンプラス」と「タフネス」はどちらもギルイベで有効な耐久手段となるので、相手の行動によって使い分けるのがベストといえます。

使い方

通常攻撃強化デッキ

ボーイズ

L

S

めぐりあいのアリィを編成できませんが、蒸気都市のアルルのリーダー効果によってネクスト変換を補うことで安定したスキルためが可能となります。

「タフネス」やダメージ軽減により強敵相手でも十分に戦うことができ、白鳥星座の氷河の「怯え」が使用できるようになってからは耐久性が一層高まります。

まとめ

スキルループを優先するのであればめぐりあいのアリィを編成した方が効果的ですが、タフネス持ちのカードの中ではトップクラスの性能となります。

「タフネス+スキル発動ぷよ数減少」は難関ステージで役立つリーダー性能なので、ギルイベ上層で活躍したい場合には是非とも入手しておきたいカードといえるでしょう。