「ワイルドさん(50)」はどれに使う?

「ぷよフェス」の★7へんしんに必要な「ワイルドさん(50)」は、昔に比べて入手しやすくなったものの、まだまだ貴重な存在に変わりありません。

ここでは、属性別に★7にした方がいいと思われる「ぷよフェス」をランキング形式で紹介し、「ワイルドさん(50)」を使うべきカードの優先順位を考察していきます。

赤属性

1位
2位
3位
チャーミードラコきらめくルルーかざみどりのザラ
★★★★★★★★★★★★★★☆
 ↓ 4位あかつきのドラウド3世★★★★☆ 
 ↓ 5位あかいアミティ★★★☆☆ 

1位のチャーミードラコは、リーダースキル、スキルともに非の打ち所がない性能となっており、最優先で★7へんしんにすると良いでしょう。

他のカードでは代用できないきらめくルルーも★7へんしんの優先度は高いものとなります。

かざみどりのザラは、グレートパプリスマルスセーラーマーズである程度の代用ができるようになりましたが、依然としてほとんどの場面でリーダーとして使いやすいのは優先度が高い理由の1つになります。

青属性

1位
2位
3位
めぐりあいのアリィルリシアアルル&カーバンクル
★★★★★★★★★★★★★★★
 ↓ 4位乙姫セリリ★★★★☆ 
 ↓ 5位真理の賢者イザベラ★★★★☆ 

青属性ではめぐりあいのアリィルリシアがリーダースキル、スキルともに使いやすく、最優先で★7にへんしんすべきカードと言っていいと思います。

アルル&カーバンクル乙姫セリリは★7で大幅なスキル強化があるので、優先的に★7へんしんさせるのが望ましいです。

ギルイベで必須級のリーダースキルをもつ真理の賢者シリーズも強力ですが、エンハンス要員としては蒸気都市の魔導学校の登場などにより優先度が下がってきているのが現状です。

ただ、青属性にはバランスタイプの優秀なカードがそろっているので、真理の賢者イザベラはシリーズの中では最も恵まれたカードといえます。

緑属性

1位
2位
3位
きらぼしのレムレスひらめきのクルークスノヒメ
★★★★★★★★★☆★★★★☆
 ↓ ランク外はりきるドラコ★★★★☆ 
 ↓ ランク外りりしいリデル★★★☆☆ 

きらぼしのレムレスのスキルはサタン&カーバンクルとほぼ同じで、クラリスのスキルと組み合わせれば120倍を超えるスキル倍率を安定して出すことができます。

通常攻撃を強化できるひらめきのクルークスノヒメの株も上がっており、強力な条件付きエンハンスをもつリャタフーと相性の良いりりしいリデルもおすすめです。

初期の方で★7が解放されたはりきるドラコですが、プリズムボール+全消しスキルの使い勝手の良さは健在で、自身のとっくんで獲得できる「新しいリーダースキル」とも非常にマッチしており、プワープチャレンジでは非常に実用性の高いカードとなっています。

黄属性

1位
2位
3位
サタン&カーバンクル棒術のラフィーナはなざかりのチキータ
★★★★★★★★★★★★★★☆
 ↓ ランク外レガムント★★★★☆ 

サタン&カーバンクルは、リーダースキルは他の『ぷよフェス』カードと比べても圧倒的な使いやすさがあり、スキルも対抗馬の少ない強力な全消しスキルを使えるので、最優先で★7にすべきカードといえます。

棒術のラフィーナサタン&カーバンクルと並んで優先度が高く、赤属性のかざみどりのザラと同様に★7にすることで大きな火力アップを見込めます。

はなざかりのチキータレガムントも、通常攻撃を強化できる上にリーダーとしてほとんどの場面で活躍できるのでおすすめです。

紫属性

1位
2位
3位
キングオブさかな王子まばゆいヤナラフィソル
★★★★★★★★★☆★★★★☆
 ↓ 4位しゅんげきのルルー★★★★☆ 
 ↓ 5位大勇者ラグナス★★★☆☆ 

エンハンスだけでなく「怯え」や「麻痺」も付与することができるキングオブさかな王子は、紫属性のエンハンス役としてトップの座に踊り出ました。

同じエンハンスの役割をもつしゅんげきのルルーの評価が相対的に下がり、ベスト3圏外へと落ち込んでしまいましたが、リーダースキルの「消せるぷよ数増加」が貴重な性能であることや、状態異常が効かない相手には有効であることを考慮すれば、まだまだ高い方の評価になるといえます。

まばゆいヤナは、蒸気都市のシェゾと比べると使える場面が限られてしまいますが、他のスキルと足並みそろえて5倍の条件付きエンハンスを使えるという大きな魅力があり、蒸気都市のシェゾを★7にする労力を考えれば、まばゆいヤナを★7にした方がコストパフォーマンスは高くなります。

現状では最も威力の高い「スキル攻撃」を放つことができるラフィソルも★7へんしんの優先度は高いものとなります。