★7夢の配達人シリーズ

TYPETRANSFORMCATEGORY
かいふく40オールスター
NAMECOMBINATIONS
ゼノンボーイズ ナゾ多き はばたき 天空
フィンレイボーイズ ナゾ多き 天空
サンドラガールズ ナゾ多き 天空
エリサガールズ ナゾ多き 天空
アポストロスボーイズ つの ナゾ多き 天空

2018年1月の「オールスター」でゼノンが初めて登場し、2020年8月にフィンレイの★7へんしんが解放されました。

あやかしの遊びシリーズカミの癒し手シリーズと同じように、属性間でスキルが異なるという特徴がります。

リーダースキル

自属性カードとかいふくタイプの全能力を3倍にし、ステージ開始時に全属性カードのターン数を一定の確率で+3する

クラリスと同様で、遅延ターン数は魔法使いシリーズより1つ少ないですが、対象が「全属性」であることと、体力にも倍率がかかるので先制攻撃にも強いという大きな利点があります。

また、魔法使いシリーズだとスキルが無駄になってしまいますが、夢の配達人シリーズはどの属性も使い勝手の良いスキルを備えているので、魔法使いシリーズより優先して編成させたい場面は多くなります。

「遅延」の発生確率

★7での「遅延」が発生する確率を★6と同等の75%と仮定すると、サポーターを魔法使いシリーズにすれば93%以上の高い確率で「遅延」が発生します。

この「遅延」が発生すれば、必ずリーダーとサポーター2枚分のターン数が加算されるので、「遅延」が発生すればターン数は必ず「+7」となります。

7ターンもの猶予があれば、高い確率でスキルを発動できる状態に持っていけることでしょう。

スキル

フィンレイ

【発動条件:あおぷよを40個消す】
フィールド上の色ぷよをランダムで2個チャンスぷよに変え、3ターンの間、一度に消せるぷよ数を7個増やす(同時消し係数を5倍に)

エースピッチャーアルルよりも一度に消せるぷよ数が2個多くなります。

青属性の「童話スキル」はめぐりあいのアリィが圧倒的に使いやすいのが現状ですが、「遅延」が必要な強敵相手にはフィンレイの方が優先度は高くなります。

また、回復タイプなので癒しの天使ガールズとの相性が良いのも今後メリットになっていくと予想されます。

ボーイズ

L

S

めぐりあいのアリィを編成していませんが、蒸気都市のアルルのリーダー効果とフィンレイの「遅延」により強敵相手でも安定してスキルためを行うことができます。

ルリシアの「スキル遅延」で白鳥星座の氷河の「怯え」効果ターン数を引き延ばせるので、スキル使用後は耐久性も高まります。

全盾ボスに対する火力は落ちますが、ムシュトの代わりにシトリを編成することでより加速生と耐久性に優れたデッキとなります。

サンドラ

【発動条件:みどりぷよを25個消す】
フィールド上のみどりぷよを1個チャンスぷよに変え、3ターンの間、ネクストぷよをすべてみどりぷよに変える

最速で発動できるネクスト変換(シェゾ ver.音駒高校フェイ選手一反もめん)の中では持続ターン数が最も長くなります。

スキル上げしてあんどうりんごなどをリーダーかサポーターにすれば、緑ぷよを15個消すだけで発動することができます。

伐倒速度が要求されるギルイベでは非常に有効なスキルなので、最優先でスキル上げするといいでしょう。

ガールズ

L

S

相手の属性に関わらず、93%以上の高い確率で6ターンの遅延が発生します。

「遅延」が有効な相手であれば、どんなに強力な相手でも容易にスキル発動まで行うことができるという利点があります。

相手によっては怪盗マドレーヌの「混乱」で、攻撃を一切受けずにスキルループすることもできます。

まとめ

ギルイベ上層に登場するキリ番ボスでは「遅延」が必須となる場合が多々あります。

「遅延」が必要な場合、魔法使いシリーズよりも優秀なスキルを持つ夢の配達人シリーズを編成することで👇以下のメリットを得ることができます。

  • フィンレイ ⇒ 「スライド」をしなくても安定して高火力が出せる
  • サンドラクラリスと組めば確実に強力なスキル砲が放てる
  • 体力倍率も上がる(先制攻撃などにも強い)

どの属性もギルイベでは欠かせない強力なリーダーカードとなるので、優先的に入手・育成を目指しましょう!