【サンタの師ローザッテ】の使い道

サンタの師ローザッテ

2019年12月に開催された収集イベントのスペシャル特攻カードとして登場しました。

ローザッテの亜種としては初めてとなります。

リーダースキル

味方全体の攻撃力を3倍、回復力を2.5倍にし、クエスト出発時1回のみフィールド上の色ぷよをランダムで3個チャンスぷよに変える

メイクアップアルルの強化版で、攻撃倍率とチャンスぷよ生成数が増加しています。

熱砂の旅シリーズをリーダーにして「無限タフネス」を利用する際にサポーターとして活躍でき、チャンスぷよ生成の効果も加わるので、初回スキルの発動を早めることができます。

「逆転ステージ」においては「無限タフネス」デッキのスイッチ後のリーダーにすることで、攻撃と回復の両ステータスに影響する自身のスキル効果を大きく引き出すことができます。

スキル

発動条件:きいろぷよを40個消す


1ターンの間、味方全体の通常攻撃を「こうげき」に「かいふく」を上乗せした3連続攻撃にする

スイートラフィーナの強化版で、攻撃力だけでなく回復力もスキル使用した際のダメージアップ量に影響します。

一般的に回復ステータスは攻撃ステータスに比べて小さい上に、リーダースキルで回復倍率を上げてくれる強力なカードはそれほど多くないので、通常のステージにおいては棒術のラフィーナビャッコ(とっくんで獲得できる「新しいスキル」)を使った方が大きな効果が期待できます。

「逆転ステージ」ではどうなの?

「逆転ステージ」においては棒術のラフィーナビャッコだと各カードのもつ回復ステータスしか参照されないので、スキルによって得られる効果は大きく減少してしまいます。

一方で、攻撃ステータス(=逆転後の回復力)も参照してくれるサンタの師ローザッテのスキルなら「逆転ステージ」でも威力が衰えることはないと推測されました。

しかし、実際には「逆転ステージ」だと攻撃ステータスは参照されない仕様となっており、スイートラフィーナのスキルと同様の効果しか得ることができません。

サンタの師ローザッテの登場により、「逆転ステージ」でも「童話スキル」や「ワイルド」で強化された通常攻撃をダメージソースとする戦い方が注目されると思われましたが、現状では闇の天使シリーズを使った方が手軽に大きなダメージを与えられそうです。

使い方

棒術のラフィーナの代わりに

黄属性の攻撃力を4.5倍、体力を3.5倍、黄のネクストぷよ数×3%のダメージ軽減、8個以上同時消しでネクストぷよを4個黄に変化

ガールズ

リーダー

サポーター

黄属性の攻撃力4倍、体力3.5倍、3属性以下の攻撃で攻撃力1.3倍 初回のみネクストぷよを5個チャンスぷよに変化
カードスキル効果
リダ蒸気都市のウィッチ条件付きエンハンス
サブサンタの師ローザッテ連続攻撃化
サブアージス盾破壊
サブはなざかりのチキータ消せるぷよ&係数増加+チャンスぷよ生成
サブエルマワイルド
サポ蒸気都市のラフィーナエンハンス+ネクスト変換

スタメンの属性数が3属性以内に抑えられるので、蒸気都市のラフィーナの性能を最大限に引き出すことができます。

棒術のラフィーナと違ってスキルの効果が1ターンしか継続しないのでレガムントである必要がなくなり、編成難度が低くなります。

ターン数に余裕のあるはなざかりのチキータのスキルだけを最初に発動して「フルパワースキル」まで発動することができれば、さらなるダメージアップが見込めます。

ステータス

シリーズ期間限定カード
入手方法魔導石ガチャ(期間限定)
コスト30
タイプバランス
属性
名前サンタの師ローザッテ
たいりょくーーー
こうげきーーー
かいふくーーー
コンビネ
ーション
ボーイズ

まとめ

棒術のラフィーナを既に★7にへんしんさせている方にとっては、少し物足りなさを感じる性能かと思います。

「逆転ステージ」での仕様が変更されれば、闇の天使シリーズのスキルの威力を上回ることができるのですが…

『ぷよフェス』カードに比べて高い確率で入手可能なので、棒術のラフィーナを所持していない方は狙ってみる価値はあるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました