【★7ナイスバッターアミティ】の使い道

ナイスバッターアミティ

2019年9月に開催された『実況パワフルプロ野球』コラボガチャの目玉カードとして登場し、同時に★7へんしんが解放されました。

アミティの亜種としては16枚目となります。

 初登場★7解放
一 般アミティ2013/042017/08
一 般スイートアミティ2013/08(未解放)
一 般おしゃれアミティ2014/08(未解放)
一 般剣士アミティ2015/042017/08
コラボアミティ ver.ムック2015/06(未解放)
一 般サンタアミティ2015/12(未解放)
限 定喫茶店のアミティ2016/032018/11
限 定あかいアミティ2016/062018/11
コラボアミティ ver.ぷよクロ2016/12(未解放)
コラボアミティ ver.ソニック2017/02(未解放)
コラボアミティ ver.ぷよテト2017/04(未解放)
コラボアミティ ver.ぷよタッチ2018/04(未解放)
限 定ポップなアミティ2018/04(未解放)
コラボアミティ ver.ぷよ使徒2018/10(未解放)
コラボアミティ ver.P42018/12(未解放)
一 般はじけるアミティ2019/082019/08
コラボナイスバッターアミティ NEW2019/092019/09

リーダースキル

味方全体の攻撃力を2倍、体力を3倍にし、4連鎖以上で攻撃力をさらに2倍にする

「4連鎖以上」と厳しい条件ではありますが、属性やタイプに関係なく最大4倍と高い攻撃倍率をかけてくれます。

通常攻撃で4連鎖以上を安定して行うのは非常に難しいので、リーダとして運用するにはチャンスぷよ生成や自身のスキルである「だいれんさチャンスフィーバー」などを利用することになると思います。

通常のクエストでは扱いづらいリーダースキルですが、スキルによる攻撃がメインとなるステージでは全属性に高い倍率をかけられる優秀なリーダースキルとなります。

スキル

発動条件:あおぷよを40個消す


だいれんさチャンスフィーバーを発動させ、 このスキル発動中、味方全体の連鎖係数を 5倍にする

「だいれんさチャンスフィーバー」が使えるカードはむチューなシグに次いで2枚目となります。

★7むチューなシグより「連鎖係数」が少し低く設定されており、だいれんさチャンスに挑戦できる回数も2回減って「3回」となります。

スキルレベルを上げやすく、ワイルドさん(40)でへんしんできるので、むチューなシグより簡単に強化できる利点はあるものの、スキルの威力に関しては大きく抑えられてしまっている印象です。

★7むチューなシグと同等なら、あかきウィッチのスキル(プリズムボールを10個巻き込んだ全消しスキル)を超える威力を期待できましたが、残念ながらだいれんさチャンスに挑戦できる回数が減ってしまったので、叶わぬ夢となってしまいました。

使い方

アミティづくし

ガールズ

リーダー

サポーター

カードスキル効果
リダナイスバッターアミティだいれんさチャンスフィーバー
サブあかいアミティエンハンス
サブポップなアミティ条件付きエンハンス
サブミヤビネクスト変換+チャンスぷよ生成
サブテラ色盾軽減
サポナイスバッターアミティだいれんさチャンスフィーバー

ポップなアミティが使う条件付きエンハンスを発動するには「だいれんさチャンスの成功」が必要ですが、ナイスバッターアミティが使える「だいれんさチャンスフィーバー」中にだいれんさチャンスを成功させた場合でも条件を満たすことができます。

だいれんさチャンスの成功に自信がない方でも、ナイスバッターアミティの「だいれんさチャンスフィーバー」を使えば、だいれんさチャンスが3回発動されるので、条件を満たせる確率が飛躍的に上がります。

攻撃スキル単体でみれば、あかきウィッチひめりんごのスキルの方が簡単に大ダメージを出せますが、ポップなアミティの条件付きエンハンスを活かすにはナイスバッターアミティのスキルが有効です。

ステータス

シリーズ『パワプロ』コラボシリーズ
入手方法『実況パワフルプロ野球』コラボガチャ
へんしんワイルドさん(40)
タイプこうげき
属性
名前ナイスバッターアミティ
たいりょく5708
こうげき3503
かいふく282
コンビネ
ーション
ガールズ 魔導学校 ヒロイン

まとめ

赤属性にも「だいれんさチャンスフィーバー」を使えるカードが登場したことは、「だいれんさチャンスの成功」が鍵となっているポップなアミティにとって大きな追い風になりました。

「おれは、ポップなアミティを使いたい! 蒸気都市のルルーなんて使いたくない!」というアミティ好きな方には、ナイスバッターアミティは欠かせない存在になることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました