【★7カミの癒し手シリーズ】の使い道

アザウィアシュリータハビラ

2019年9月に開催された『カミの癒し手』ガチャで初めて登場し、同時に★7へんしんが解放されました。

夢の配達人シリーズあやかしの遊びシリーズと同様、属性間でスキルが異なります。

リーダースキル

緑属性カードの攻撃力を3.5倍、体力を3倍にし、 クエスト開始時から4ターンの間、 緑属性カードに最大体力の20%の回復

同コストのあやかしの遊びシリーズと比べると、体力倍率が少し控えめですが、属性さえそろっていれば3.5倍の攻撃倍率が得られ、回復の追加効果もあります。

この回復の効果は、喫茶店の3人娘などの「自動回復」や初音ミクなどの「連鎖回復」とは異なり、各カードの最大体力によって回復量が決まります。

『蒸気と暗闇の塔』では先制で「回復力減少」を受けてしまい、「自動回復」や「連鎖回復」での回復量がかなり落ち込んでしまいますが、こちらのリーダースキルに関してはその問題はありません。

効果にターン数の制限があるので長期戦での耐久にはあまり向きませんが、ギルイベなどでは短期戦である場合が多く、4ターンのみの効果でも十分な耐久が可能です。

【アザウィア】のスキルと使い方

発動条件:あかぷよを35個消す


効果:フィールド上の色ぷよをランダムで5個チャンスぷよに変え、1ターンの間、味方全体をどの色の連鎖でも攻撃するようにする(通常攻撃のみ)

ジュリアのとっくんで獲得できる「新しいスキル」やP5主人公の強化版で、スキル発動ぷよ数が5個少なくなり、チャンスぷよ生成の効果も付与されています。

スキル発動ぷよ数は少なくなったものの、現状では「連続攻撃化」や「条件付きエンハンス」といった相性の良いスキルと足並みをそろえることができないため、十分に活かすことができません。

チャンスぷよ生成の効果は、しろいフェーリのスキルと組み合わせれば合計で8個のチャンスぷよを生成することができるので、一度に多くのチャンスぷよを消しやすくなり、「連鎖のタネ」の大きさ(だいれんさチャンスで得られる連鎖数)を増やすことができます。

また、P5主人公などと同様に対象が「味方全体」であることから、単色だけでなく多色デッキでの活躍も期待できます。

ダブル蒸気編成

赤属性の攻撃力4.5倍、体力3.5倍、赤ネクストぷよ数×3%のダメージ軽減、8個以上同時消しでネクストぷよを4個赤に変化

ガールズ

リーダー

サポーター

赤属性の攻撃力4倍、体力3.5倍、3属性以下の攻撃で攻撃力1.3倍 初回のみネクストぷよを5個チャンスぷよに変化
カードスキル効果
リダ蒸気都市のルルー条件付きエンハンス
サブアザウィアワイルド+チャンスぷよ生成
サブかざみどりのザラ連続攻撃化(このカードのみ)
サブしろいフェーリ消せるぷよ&係数増加+チャンスぷよ生成
サブテラ色盾軽減
サポ蒸気都市のアミティエンハンス+ネクスト変換

スタメンの属性数が3属性以内なので、蒸気都市の魔導学校の性能を最大限に引き出すことができます。

アザウィアのスキル効果は1ターンのみですが、それでも十分なダメージを与えることができます。

【シュリータ】のスキルと使い方

発動条件:みどりぷよを40個消す


相手単体にこのカードの「こうげき」×20の 属性攻撃を与え、 5ターンの間、「麻痺」状態にする

緑属性で「麻痺」を使えるカードは少なく、今まではナソス ver.エミーセーラージュピターのコラボカードしか存在しませんでした。

シュリータには副属性「赤」も付いており、りりしいリデルのエンハンスを使用する際には大きな利点となります。

副属性「赤」は「麻痺」と相性の良い攻撃スキルを使えるロックなハーピー初音ミクの副属性と異なる色を有しており、特にロックなハーピーの副属性は、主要メンバーとなり得るリレシルヤマトの副属性とも異なるので、りりしいリデルのエンハンス効果を最大限に引き出すことができます。

4ターン以上なので「麻痺チャージ」との相性も良く、ナソス ver.エミーを持っていなければ是非とも入手しておきたいカードといえます。

ロッピー砲

緑属性の攻撃力4.5倍、体力3.5倍、緑ネクストぷよ数×3%のダメージ軽減、8個以上同時消しでネクストぷよを4個緑に変化

ガールズ

リーダー

サポーター

カードスキル効果
リダ蒸気都市のドラコ条件付きエンハンス
サブロックなハーピー単体攻撃(一撃)
サブシュリータ麻痺
サブリレシル色盾軽減
サブりりしいリデルエンハンス
サポ蒸気都市のドラコ条件付きエンハンス

リダサポを蒸気都市のドラコにすることで、8個以上の同時消しを行うだけで永続的にネクスト変換が可能で、2回目以降のスキル発動時には必ず「フルパワースキル」を発動することができます。

シュリータの登場によってスタメン内に無駄なく全ての属性をそろえることができ、りりしいリデルのエンハンス効果を最大(4.5倍)まで高めることができるようになりました。

永続的な加速と「フルパワースキル」によるダメージアップではなく、初回のスキル発動の早さに重点を置きたい場合は、★7みどりウィッチせんれつのコスタをリーダーかサポーターに置くと良いでしょう。

【ハビラ】のスキルと使い方

発動条件:むらさきぷよを30個消す


3ターンの間、ネクストぷよをすべてむらさきぷよに変え、さらに一度に消せるぷよ数を5個増やす(同時消し係数を3倍に)

きらめくルルーめぐりあいのアリィの劣化版になり、消せるぷよ数が2個少なく、同時消し係数も「4倍」から「3倍」へと小さく設定されています。

紫属性の場合、しゅんげきのルルーをリーダーにすることができるので、消せるぷよ数に関してはほとんど問題になりませんが、同時消し係数に関しては★6たゆたうルファスチキータのとっくんで獲得できる「新しいスキル」の「5倍」に比べると少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

  • スキル加速とダメージアップを兼ね備えた優秀なスキル!

条件付きエンハンスに蒸気都市のシェゾではなくまばゆいヤナを採用したい場合、ネクスト変換を使えるカードを編成したいところですが、そうすると「連続攻撃化」や「ワイルド」など通常攻撃を強化するスキルが欠けてしまうことが多々あります。

ハビラであればネクスト変換にスタメンの枠を割く必要がなくなるので、同時消し係数が小さくても、空いた枠に火力アップにつながるカードを編成すれば、最終的にはダメージ量の増加が期待できます。

実際、同時消し係数3倍ってどうなの?

 係数
(同時消し)
8個12個16個20個
通常時1倍1.6倍2.2倍2.8倍3.4倍
ハビラ3倍2.8倍4.6倍6.4倍8.2倍
チキータ4倍3.4倍5.8倍8.2倍10.6倍
チキータ(+)
★6たゆたうルファス
5倍4.0倍7.0倍10.0倍13.0倍

上の表は、8個から20個までのぷよを同時に消した際に生じる攻撃倍率を表しており、同時に消すぷよの数が多いほど、同時消し係数による効果が顕著になっているのが分かります。

20個のぷよを同時に消した場合、★6たゆたうルファスなどの同時消し係数「5倍」のカードはハビラの同時消し係数「3倍」はに比べると約1.6倍のダメージが与えられることになります。

遅延スライドデッキ(高速スキルループ)

紫属性の攻撃力3倍、ステージ開始時に黄属性相手のターン数を一定の確率で+4

ガールズ

リーダー

サポーター

紫属性の攻撃力を4.5倍、体力を3.5倍、消せるぷよ数3個増加
カードスキル効果
リダサリヴァン全体攻撃
サブアポストロススライド
サブまばゆいヤナ条件付きエンハンス
サブハビラネクスト変換+消せるぷよ&係数増加
サブペルヴィス遅延
サポしゅんげきのルルーエンハンス
控えサロメワイルド
控えおおきいポポイ連続攻撃化

紫属性には「スライド」スキルを使えるアポストロスがいるので、ステージ開始時にサリヴァンをリーダーとした「遅延」デッキが有効となります。

アポストロスのスキルがたまったらまばゆいヤナをリーダーにすれば、ハビラのスキルとペルヴィスの「遅延」スキルにより、高速かつ安全にスキルためを行うことができます。

スライド後は「連続攻撃化」や「ワイルド」スキルを使うことができ、さらに属性の弱点も突いてるのでダメージ量は十分期待できるものとなります。

ステータス

シリーズカミの癒し手シリーズ
入手方法『カミの癒し手』ガチャ
へんしんワイルドさん(40)
タイプかいふく
属性
カード名アザウィアシュリータハビラ
たいりょく648265736392
こうげき214020952140
かいふく260826332633
コンビネ
ーション
ボーイズ
スピリッツ
ガールズ
スピリッツ
ガールズ
スピリッツ

まとめ

アザウィアのスキルはジュリアP5主人公でほぼ代用可能ですが、チャンスぷよを生成できる上位互換ではあるので、赤属性のスタメンとして活躍できるカードといえます。

緑属性では「麻痺」を使えるカードがコラボ限定カードに偏っていましたが、シュリータの登場により少しでも入手できる機会が増えたのは有難いことです。

ロックなハーピー初音ミクが使う「一撃スキル」は「麻痺」との相性が抜群で、特にロックなハーピーを使ったデッキでは、副属性が付いているシュリータは必須と言っていいほどの性能になります。

ハビラのスキルはまばゆいヤナをスタメンで使いたい場合には、非常に使い勝手の良いスキルとなるので、まばゆいヤナを愛用している方は是非ともゲットしたいですね!

タイトルとURLをコピーしました